ブログ

風邪予防の一方策

11月の声を聴くと霜月と言われるように寒さが厳しくなったり、寒暖の差が大きく万病の元と言われる風邪をひきやすくなりますので、ご用心御用心です。

そこで、風邪のようだ、背中がゾクゾク悪寒がしてきた。と言う様な時に効果の有る対処法を御知らせします。

風邪のようだと感じたら、先ず、風呂を41度から42度位のお湯にして、腰湯に入ります。

此の時は上半身は下着等を着ておいた方が効果が有ります。

そして、段々に高温にして45度位までの温度にして15分位じっと下半身のヘソあたりまでを温めます。
背中に汗をかく位までになりましたら、湯船から出て素早く拭き取り、就寝します。

私の経験ですと、温泉につかったようなぬくもりを感じたら占めたものです。

思ったより効果が有ります。一度お試しあれと、お勧めいたします。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428−74−6855
FAX 0428−74−6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 『相続関係の仕事で思うこと』
  2. 成人式、晴れ着事件
  3. 春の七草は1月7日の朝食でしたね
  4. 寒さ厳しきおり、健康に留意を
  5. 9月の終焉を迎えるにあたって
  6. 明治神宮の森を散策して
  7. 高齢者の相続問題に思う
  8. 東京都標高一の住宅
PAGE TOP