ブログ

花粉症対策の時期を迎えて

有り難くない公害ともいえる。花粉による健康障害。
人間が作り出した被害です。

私が、15~17歳くらいの時に植林したスギやヒノキ、その目的は保水林としての役割をはたさせるためと、将来の建築資材のためであったと存じます。
昭和35(1960)年代に、プロパンガス等の化石燃料により、木材燃料利用が大幅に減少し、スギやヒノキ林の手入れが入らず、花粉を付ける枝が増加し、公害現象が発生してきたのです。
人が作り出して健康被害です。人が除去しなければ、この被害は減少しません。

千恵を絞って、国を挙げての対策を望んでます。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 大学箱根駅伝で感動した場面
  2. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  3. 生物の不思議さ
  4. 高校野球東京都予選審判を振り返って
  5. スポーツ指導者の在り方に思う
  6. 「幸福とは・・・」
  7. 鵜の群れに思う
  8. 100回高校野球大会に思う
PAGE TOP