ブログ

自然界との遊び

フォトギャラリーに掲載した、
山梨県鳴沢と静岡県富士宮市猫沢で撮影した「朝雲と富士山」「睡蓮の花」は、
雲の流れの速さや睡蓮の花の変化の瞬間をとらえられるのは今だ!と思いシャッターを切ったものです。

この度、自然石で造形した「象の砂遊び」は、自然界との関わりの不思議さを実感したからです。

特に象の砂遊びは、何気なく変わった石と思い拾ってきて、角度を変えて観察していたら、
象の顔と耳の姿に似てきましたので、砂を土台にして安定させれば何か表現できるのではないかと思い作成したものです。


    最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
    ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

    関連記事

    1. 蕗の薹(フキノトウ) 植物の忍耐力
    2. 著者 稲盛和夫氏の心を読み終わって
    3. 季節感薄れる気温上昇に思う
    4. 吐く息は吸う息を待たない
    5. 落ち葉、掃除の時期に思う
    6. 『自学・自覚』学力向上について
    7. 一生涯の仕事と趣味に生きる
    8. コロナ時代は?
    PAGE TOP