ブログ

都市近郊で農地の活用で困惑している方御一報を

農地は、農業経営者でなければ、活用する為の売買等も困難と言われて随分と年数が経過している。

地域の農業委員会も農地を守るための委員会で有り、そう簡単に『農地転用を許認可』する訳にもいかず。
思案投げ首であろうと、思います。ましておや『調整地域』や『営農地』措定地域で有れば、尚更の事です。

でも、つい最近の報道によれば、農林水産省も重い腰を上げて、太陽光発電設置等は許認可の方向で、法改正を
すると言う。

特に、休耕田で20年以上、放置されていた『田んぼ』は山間部では『イノシシ』のえさ場になってしまって、
除草するのにも、落とし穴の様なイノシシが掘り起こした跡地で、危険極まりないと言う。

こうした、『田畑』を維持管理してゆくのも容易ではない。ましておや、所有者が高年齢になれば、尚更の事であります。

そこで、当事務所では、この様な状況の方からの相談に寄り添って、より良い解決策を考えております。
御遠慮なく、御連絡して下さい。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 蕗の薹(フキノトウ) 農地転用許可申請について
  2. 季節に思う
  3. 2019(令和元)年、年の瀬の御挨拶
  4. コロナウイルス感染拡大防止が教えたのは
  5. 青梅の行政書士は地元でボランティアで野球の審判をしています。 喜怒哀楽を味わう大切さ
  6. 令和二年を迎えて
  7. ブログで大助かり!協力者現れる
  8. 師走に入って
PAGE TOP