ブログ

師走を迎える季節になり注意するのはヒートショック

本年も早くも30日余りで、年越しとなり、時の経過の早い事に毎年この時期は思い知らされるのは私ばかりでは無いと思います。特に本年春から蔓延し始めたコロナウイルス感染症の対策に追われて、右往左往させられている現状で、何か見落としている事は無いか点検すると、寒さ対策と感じます。

それは何かと言うと『ヒートショック現象』です。寒暖差に身体の機能が付いて行けず、此のショックで死亡率は高いそうです。特に入浴時の脱衣所と風呂場の空気が冷えてると脱衣した瞬間にショックを受けて倒れてしまう。恐ろしい現象です。特に高齢者には注意喚起を呼びかけるような配慮が重要と思われます。

コロナウイルス感染症ばかりに気を取られて、思わぬ悲惨な目に合わない様、くれぐれも御注意を

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. コロナ時代は?
  2. コロナウイルス感染者と接触した場合の対処法
  3. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  4. 春の七草は1月7日の朝食でしたね
  5. 六根清浄ってなあに!
  6. 沙羅の花(別名 夏椿・一夜花)
  7. 地域活性化は地域住民の手で
  8. 高校野球東京都予選審判を振り返って
PAGE TOP