ブログ

風邪予防の為の寝具の使い方

富士山の積雪も綺麗に積雪され、白雪が輝いている姿は何とも例え様のない姿で楽しませてくれている。
こうした季節になると寒さが厳しくなり、風邪に掛かりやすくもなる。
何とか予防する手立てを、と考えていたら、フト思いついた・・・・・
御存じの方もおられるでしょうが、私の工夫して使った経験を伝えますと。
寝具の中で、毛布と言われるケットは長方形であるので、ついつい長い方を肩から足の方向に使いがちであるが、これを二枚使用して、横に使い敷布団の下に挟み込むとズレないし、左右に寄りづらくなり寒さで目も覚めない。
温かく寝られるのである。
確かに体を敷布団上布団の間に入れる時にちょっと苦労するが、潜り込ませてしまえば問題ない。
特に寝相の悪い方にお勧めです。
一度、お試しあれと・・・

雨宮行政書士事務所
電 話 0428-74-6855
FAX 0428-74-6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 東京都標高一の住宅
  2. 花は散り際、人は引き際
  3. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
  4. 警察官の判断は絶対なの
  5. 花粉症対策の時期を迎えて
  6. 東京都感染拡大防止協力金
  7. 因縁果報
  8. 猛暑と日差しの強さにご注意を
PAGE TOP