ブログ

節分の豆まきについて

二月三日は節分で豆まきが行われます。何時の時代からか定かではありませんが、日本の風習となっているようです。
節分とは立春 立夏 立秋 立冬の前日を言うのだそうです。
そして、立春の節分だけが風習として今に伝わっていると言う事のようです。
寒さから解放される喜びが残ったのでありましょう。
そして「福は内福は内」と豆をまくのでありましょう。
この豆も無病息災を追い払うと言う意味があるようです。春を迎える行事の一つとして今に伝わっていると思われます。

関連記事

  1. 沙羅の花(別名 夏椿・一夜花)
  2. 熱中症に罹患して
  3. 生物の不思議さ
  4. 高校野球東京都予選審判を振り返って
  5. 花は散り際、人は引き際
  6. 菜っ葉の発芽は幼葉から
  7. 成人式、晴れ着事件
  8. 大相撲初場所、観戦
PAGE TOP