ブログ

節分の豆まきについて

二月三日は節分で豆まきが行われます。何時の時代からか定かではありませんが、日本の風習となっているようです。
節分とは立春 立夏 立秋 立冬の前日を言うのだそうです。
そして、立春の節分だけが風習として今に伝わっていると言う事のようです。
寒さから解放される喜びが残ったのでありましょう。
そして「福は内福は内」と豆をまくのでありましょう。
この豆も無病息災を追い払うと言う意味があるようです。春を迎える行事の一つとして今に伝わっていると思われます。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 蟻(アリ)駆除は煙草(タバコ)の吸い殻で
  2. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
  3. 盂蘭盆会に思う 香(線香)の効力
  4. 心を孤立させないで
  5. 鵜の群れに思う
  6. 『いい言葉が、いい一日をつくる』を読んで
  7. 中秋の名月に思う
  8. 花は散り際、人は引き際
PAGE TOP