ブログ

節分の豆まきについて

二月三日は節分で豆まきが行われます。何時の時代からか定かではありませんが、日本の風習となっているようです。
節分とは立春 立夏 立秋 立冬の前日を言うのだそうです。
そして、立春の節分だけが風習として今に伝わっていると言う事のようです。
寒さから解放される喜びが残ったのでありましょう。
そして「福は内福は内」と豆をまくのでありましょう。
この豆も無病息災を追い払うと言う意味があるようです。春を迎える行事の一つとして今に伝わっていると思われます。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 猛暑と日差しの強さにご注意を
  2. 枯れ葉吹雪
  3. 初まいりの富士山
  4. 蕗の薹(フキノトウ) 植物の忍耐力
  5. ジイジとの永遠の別れ
  6. 私の認知症予防方法
  7. 今こそ、耐え忍ぶ生活を
  8. 高齢者の自動車運転に思う
PAGE TOP