ブログ

節分の豆まきについて

二月三日は節分で豆まきが行われます。何時の時代からか定かではありませんが、日本の風習となっているようです。
節分とは立春 立夏 立秋 立冬の前日を言うのだそうです。
そして、立春の節分だけが風習として今に伝わっていると言う事のようです。
寒さから解放される喜びが残ったのでありましょう。
そして「福は内福は内」と豆をまくのでありましょう。
この豆も無病息災を追い払うと言う意味があるようです。春を迎える行事の一つとして今に伝わっていると思われます。

関連記事

  1. 自然界との遊び
  2. 新年のご挨拶
  3. 六根清浄ってなあに!
  4. 貴方の言霊(コトダマ)観は
  5. 大相撲初場所、観戦
  6. 正直に生きる難しさ
  7. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  8. 加藤恵美子氏の個展を鑑賞して
PAGE TOP