ブログ

一生涯の仕事と趣味に生きる

ある営業マンから
雨宮先生は定年後に行政書士の仕事をしたんですか。」と
問われました。

要はのんびりと生活すれば良いではないか。
随分失礼な問いと思いましたが次の様に答えました。

福沢諭吉は「『世の中で一番楽しく立派な事は一生貫く仕事を持つことである。』
言っています。」と言いますと黙ってしまいました。

野球の審判の技術を認めてくれた中学の先生に感謝しつつ趣味を生かし、
健康で仕事ができる幸せを満喫している昨今です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 熱中症罹患して一年経過
  2. 青梅の行政書士は地元でボランティアで野球の審判をしています。 喜怒哀楽を味わう大切さ
  3. 御礼について
  4. 令和二年を迎えて
  5. 11月1日に思う
  6. 夏休みが終わって
  7. 医食同源でコロナウイルス対策を思考したら
  8. 盂蘭盆会に思う 香(線香)の効力
PAGE TOP