ブログ

家庭教育の一つの示唆

ラジオを聴いておりましたら、演歌歌手の吉幾三氏が「学校は学問を教える所、家庭は礼儀を指導すれば良い。」(趣旨)と言っておりました。こうした考え方から吉幾三氏の家庭では『おはよう(起床時)、御休み(就寝時)有り難う、御免なさい。頂きます。」などを言える子供に育てたそうです。

とコメンテータに答えておりました。

夏休みも残り少なくなってまいりましたが、残りの時間を使って親が照れずに率先出来たらより良い親子や夫婦間に成るのではないでしょうか。

老婆心ながら一つの示唆としてお伝えしました。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. ジイジとの永遠の別れ
  2. 風邪予防の一方策
  3. 苦楽共の春に想う
  4. 波乱万丈の地球環境
  5. 今こそ、耐え忍ぶ生活を
  6. 矍鑠(かくしゃく)たる人生を歩みたい
  7. 『自学・自覚』学力向上について
  8. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
PAGE TOP