ブログ

増々、深まる窮屈な世相に想う

 1月7日に発表された、コロナウイルス感染拡大防止策として、緊急事態宣言で飲食業関係者の営業時間短縮は大きな損失を余儀なくされている。こうした社会現象は窮屈である事は言うまでもない。また、命を繋ぐ行動の飲食制限は、心身共に苦しみが増幅する事も言うまでもない。
 こうした世相を仏教では『地獄』と表現している。自由が利かない、行動が制限される窮屈さ。此の世相を乗り越えるためにも一人ひとりの行動が制限されている事、法人活動をはじめ団体としての行動も制限されている事に心をくだく必要を意識すべき時ではないのだろうか。
 我が儘と自由をはき違えている事に気付くべきであろうと思うのは私ばかりだろうか。賢明なる善悪をわきまえた諸氏に考えていただきたいと思うばかりです。そして責任ある行動を共有し、一日も早くコロナウイルス感染拡大から脱却する日を待ち望む一人です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. コロナウイルス予防対策報道に思う
  2. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  3. 成人式に思う
  4. 冗句とも・ダジャレとも・落ちともつかない言葉遊び
  5. ストレスに負けないで
  6. 寒さ厳しきおり、健康に留意を
  7. 波乱万丈の地球環境
  8. 免疫力を高めてコロナウイル撃退しよう
PAGE TOP