ブログ

自然災害に思う

千葉県房総半島を襲撃した台風により甚大な被害を被られた方々に、心からお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を祈らずにはおられません。

私も被害地域に知人がおりまして、携帯電話にアクセスしましたが、通じませんでした。
そこで、親族の方に連絡してみましたら、母屋はそれほどの被害は無かったが物置小屋が使用不可能な被害を受けたとの事でした。
自然災害の怖さを見せつけた台風にやり場のない怒りや悲しみ等々を思いやると、お見舞いの言葉も有りません。
ただただ「負けないで復興に力を注いでください」と申し上げる他はございません。

そこで、心配なのが2020オリンピック・パラリンピックです。万が一、開催中にこの様な自然災害に襲われたら、大パニック状態で、一時期大混乱を発生するのではないでしょうか。
誰が有りませんと言い切れるのでしょうか。

人心の乱れが災害を引き寄せると言われております。
浮かれる気持ちでは無く、冷静沈着な準備で迎えたいものです。

心から、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

雨宮行政書士事務所
電 話 0428-74-6855
FAX 0428-74-6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 高温気象に思う
  2. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  3. 『いい言葉が、いい一日をつくる』を読んで
  4. 9月の終焉を迎えるにあたって
  5. 『相続関係の仕事で思うこと』
  6. 一生涯の仕事と趣味に生きる
  7. 貴方の言霊(コトダマ)観は
  8. 花は散り際、人は引き際
PAGE TOP