ブログ

不幸な社会現象に思う

プールで子供が溺死した。
パトカーが子供に負傷を負わせた。
あおり危険運転と暴力で負傷した。

悲惨な事件事故が多発した今夏の日々、何とも言葉にならない。
残念と言うほかない昨今。

こうした不幸な社会現象は何故、発生するのであろうか。

長雨のイライラ、猛暑による心のイライラ等々、自然現象によるところもあるであろうが、何といても、人間社会の変化の速さに付いて行けない心の病に侵されているとも言えるのではないでしょうか。

確かにコンピューターなるもので、文書作成も簡素になった。
また、迅速正確さも手書きの時代とは隔世の感がる事も否定できない。

しかしながら、果たして人間対人間のコミュニケーション力は向上しているのであろうか。
甚だ疑問であります。

この意思疎通(コミュニケーション)力は低下している様に思えてならない。

心のイライラを除去する社会構築の重要性に一日も早く気付き、対策を願ってやまない小生であります。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428-74-6855
FAX 0428-74-6865


    最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
    ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

    関連記事

    1. 熱中症に罹患して
    2. 一月が過ぎ去って
    3. コロナウイルス撲滅の対策案
    4. 熱中症罹患のその後
    5. 彼岸を迎えるにあたって
    6. 「樹木希林著作 一切なりゆき」を読んで
    7. 沙羅の花(別名 夏椿・一夜花)
    8. 医食同源でコロナウイルス対策を思考したら
    PAGE TOP