ブログ

梅雨時の豪雨に思う

梅雨と言えば、しとしとと降る雨でじめじめして嫌だなーと言う方も多いと存じますが、九州方面の豪雨は言葉にできない恐ろしさを感じます。

雨が、慈雨・穀雨・黒雨・豪雨等々、幾つかの名前が有ると、文献で読んだことが有りますが、戴けないのは局地的な豪雨です。

時雨るような情緒ある降雨ならば歓迎でしょうが、ここ数年の局地的な豪雨は御免被りたいものです。
自然の穏やかな恵みを望んで止みません。

豪雨災害に見舞われた地方の方々にお見舞い申し上げます。

 

雨宮行政書士事務所
電 話 0428−74−6855
FAX 0428−74−6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 花粉症対策の一考策について
  2. 花は散り際、人は引き際
  3. 水戸黄門の杖の効用
  4. 雨宮行政書士事務所の雨宮が入学式に思うこと 桜花爛漫から新緑の季節到来
  5. 著者 稲盛和夫氏の心を読み終わって
  6. ストレスに負けないで
  7. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
  8. 彼岸を迎えるにあたって
PAGE TOP