ブログ

植物の生きる力

買ってきた山芋を新聞紙にくるんで、室内に放置しておいて、
さて、料理に使おうと新聞紙を外したら発芽していたので、
その部分を切り取って植えてみたら芽が伸びて、やがて葉を付けるまで、生長している。

ただ、ひたすらに生きようとする力に感動を覚える。

春の温かさの環境によって、意を得たりとばかりに成長し、
やがて花を咲かせ身を実らせて子孫を残そうとする。植物の純真さに考えさせられる。

人間界は、どうであろうか。

子孫は欲しいが教育費に経費が掛かる、
そこで、自分自身のDNAを残す事に躊躇する環境と思われてならない。

少子化問題は、こんなところに有るのではなかろうか。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428-74-6855
FAX 0428-74-6865


    最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
    ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

    関連記事

    1. 心を孤立させないで
    2. 著者 稲盛和夫氏の心を読み終わって
    3. 貴方の言霊(コトダマ)観は
    4. 花粉症対策の一考策について
    5. 日本国民の生真面目さ
    6. 七宝に飾られる行動の基本
    7. 大学箱根駅伝で感動した場面
    8. 地水火風空の五大元素に思う
    PAGE TOP