ブログ

春から夏へ

行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。

春の期間が短く、夏へ移行している様な温度差に、身体が付いて行けない。
と嘆く声が聞こえてきます。

春の嵐と言われる突風で学校のグランドに砂埃が舞、野球の試合が中断する。
中断するだけならばと思うが、埃が目に入り水道の水で洗い流す等々、身体に支障が発生する様な状況では有り難くもない。

ボランティアとしての手伝いも気苦労する近頃の気候である。

関連記事

  1. 彼岸を迎えるにあたって
  2. 言葉のイメージ
  3. 秋の草花に思う
  4. 平成30年に思う
  5. 高齢者の自動車運転に思う
  6. 心を孤立させないで
  7. 猛暑と日差しの強さにご注意を
  8. 師走に入って
PAGE TOP