ブログ

医食同源でコロナウイルス対策を思考したら

コロナウイルス蔓延防止対策で人と人との接触距離を確保する様にとか、不要な外出を避けるとか、いろいろと対策が報道されております。
まじめに実行しようと国民全体で立ち向かっておりますが、なんだか第二次世界大戦の「欲しがりません勝つまでは」と言う感がしております。

よくよく思考してみますと、医食同源と言う言葉を思い出しました。

殺菌作用の有る食物は多種多様にあるのでしょうが、ワサビだと思います。お正月の御供え餅にカビを発生させない為に、ワサビを擦り下ろしたワサビ汁を塗りますと、カビが生えないことは経験済みです。
ゆえに、ワサビを食べればウイルスに罹りにくいのではないかと思いますが、如何でしょうか。

こうした自然界から発生した病原体は医師ばかりでなく、自然や動植物を研究している学者さんを交えての対策が効果が有る様に存じますが、如何でしょうか。政府機関をはじめ都道府県知事等々、御一考を願う一人です。

ご意見をお聞かせください。お待ちしております。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428−74−6855
FAX 0428−74−6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 「樹木希林著作 一切なりゆき」を読んで
  2. 生きる力に感歎する‼
  3. 季節感薄れる気温上昇に思う
  4. 苦楽共の春に想う
  5. 秋の草花に思う
  6. 水の力
  7. 保護中: 増々、深まる窮屈な世相に想う
  8. 蟻(アリ)駆除は煙草(タバコ)の吸い殻で
PAGE TOP