ブログ

季節に思う

昨日の天候は東京都多摩地方は午後から強風が吹き荒れて寒さが強くなりました。

冬、到来の感が強かったです。
自転車での走行は危なかったようです。

こうした寒さは当たり前なのでしょうが、温暖化により霜月と言われる11月が遠くなった感覚が急激な寒さを感じさせているのでしょうか。

また、経済低迷が政府の発表と程遠い「ふところ寒し 冬の空」でいっそう寒さが身に染みたのかも知れません。
これは私ばかりでありましょうが。

特に温暖化による寒暖の差が激しいのも影響しているのかも知れません。

あと40日もたてば令和2年で本格的に令和時代が出発します。

希望に満ちた安寧の時代となる事を祈りつつ本年を過ごし、より良い年を迎える準備をしたいと思う11月の後半です。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428−74−6855
FAX 0428−74−6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 秋を感じる囲炉裏(いろり)
  2. 頭が良い人ってどういう人
  3. 青梅の行政書士は地元でボランティアで野球の審判をしています。 喜怒哀楽を味わう大切さ
  4. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  5. 地域活性化は地域住民の手で
  6. 『相続関係の仕事で思うこと』
  7. 良縁の有り難みを実感し、感謝
  8. 植物の生きる力
PAGE TOP