ブログ

心を孤立させないで

人間社会は、助け合いながらの社会であることは言うまでもありません。
人間以外の動植物も、子孫繁栄のために、そして身を外敵から守るために、そしてその種を存続させようと必死で生きております。

しかしながら、現代社会においては、如何でありましょう。
孤立者が何と多い事か。
ゆえに、残念ながら自らの命を断とうとしたり、絶命行動に走ってしまう人がおります。

そこで、もし、この世から離脱したいと言う様な弱い心が動いた人は、踏み止まって私の事務所へ連絡してください。
そして、五感(目・耳・鼻・舌・肌)での交流をいたしましょう。

私と触れ合う事により、私との五感の中で、生きるヒントが見いだせたら幸いです。

故にあえて、このブログ発信をしました。下記の電話を利用して連絡して下さい。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428−74−6855
FAX 0428−74−6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 治療薬に思う
  2. 言葉のイメージ
  3. 親になる、親となる
  4. 初まいりの富士山
  5. 積雪で思い出す事
  6. 我が家の夏野菜
  7. 明治神宮の森を散策して
  8. 著者 稲盛和夫氏の心を読んで
PAGE TOP