ブログ

北海道地震発生に思う

夏休みが終了して、平穏な日々を望んでいた矢先に、北海道をひっくり返す様な大地震が発生した。
何とも言いようのない「災害日本列島」になってしまった。誠に慙愧に堪えない心境です。

その上に、国の責任者は党の代表選挙などと国民の安寧よりも権力にしがみつく様な姿勢に国民もうんざりでありましょう。
誠に平和ボケとはこう言う神経を言うのでありましょう。
陣頭指揮に立って、災害復興の指揮を執る指導者の到来を望むのは私ばかりでありましょうか。

災害に逢われた方々にお見舞い申し上げると同時に、一日も早い復興と安心安全生活が確立する様願う一人です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 心を孤立させないで
  2. 水戸黄門の杖の効用
  3. 旧知の友との語らい
  4. 12月8日に思う
  5. 9月の終焉を迎えるにあたって
  6. 師匠を求める事の大切さ(大相撲に思う)
  7. 冗句とも・ダジャレとも・落ちともつかない言葉遊び
  8. 身体はカケガエの無い宝物
PAGE TOP