ブログ

水戸黄門の杖の効用

高齢者が使用している杖は大半が、エル字型か丁型の杖です。果たして身体的に適しているのか私も使用してみると、どうも余り好ましい物とは思われない。

そこで、竹林の所有者にお断りして竹を一本頂戴し、140cm位に切断して『黄門杖』を作成した。

節を削ったり、取っ手の所に穴を開けたり加工に一時間位かけて使い勝手を良くして、オリジナルの杖に仕上げて使用している。
使い方が正しければ、姿勢も良くなるし、杖に頼りすぎない歩行となる。

エル字型や丁字型は杖を頼りすぎるので肩や腕に力が入りすぎて好ましくないように感じる。

杖を必要としている方々、一度お試しあれ。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 市長選挙に思う
  2. 高温気象に思う
  3. 都市近郊で農地の活用で困惑している方御一報を
  4. 保護中: 増々、深まる窮屈な世相に想う
  5. 縁の不思議さに思う
  6. ストレスに負けないで
  7. 彼岸を迎えるにあたって
  8. 雨宮行政書士事務所は終活のお手伝いをいたします。【遺言書作成サポ…
PAGE TOP