ブログ

桜花爛漫から新緑の季節到来

雨宮行政書士事務所の雨宮が入学式に思うこと

桜の花が満開になるスピードが速まり、新緑の黄緑色の新芽を目にする。
この様に早いのはトンと記憶にない。
桜の花に雪が付いたのは記憶にあるが、春の短さを感じざるを得ない今日この頃です。
そうした中で、小学校一年生になる入学式が挙行されている。
両親も安堵を胸に送り出したことでありましょう。
本格的に社会との接点を体感する出発点が小学校入学と思えてならない。
正に新芽の息吹を人間界でも表現する春の一大行事でと歓迎する一人です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 75回目の誕生日を迎えて
  2. 成人式、晴れ着事件
  3. 倒れた稲の刈り取り
  4. スポーツ指導者の在り方に思う
  5. 貴方の言霊(コトダマ)観は
  6. 市長選挙に思う
  7. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  8. 医食同源でコロナウイルス対策を思考したら
PAGE TOP