ブログ

桜花爛漫から新緑の季節到来

雨宮行政書士事務所の雨宮が入学式に思うこと

桜の花が満開になるスピードが速まり、新緑の黄緑色の新芽を目にする。
この様に早いのはトンと記憶にない。
桜の花に雪が付いたのは記憶にあるが、春の短さを感じざるを得ない今日この頃です。
そうした中で、小学校一年生になる入学式が挙行されている。
両親も安堵を胸に送り出したことでありましょう。
本格的に社会との接点を体感する出発点が小学校入学と思えてならない。
正に新芽の息吹を人間界でも表現する春の一大行事でと歓迎する一人です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 保護中: 増々、深まる窮屈な世相に想う
  2. 小学校新一年生に思う
  3. 自由と我が儘(ママ)の捉え方は・・・
  4. 『自学・自覚』学力向上について
  5. 落ち葉、掃除の時期に思う
  6. 言葉のイメージ
  7. 幸福とは何ぞや
  8. 盂蘭盆会に思う 香(線香)の効力
PAGE TOP