ブログ

旧知の友との語らい

3月6日に千葉県鎌ケ谷市在住の中学時代の同級生に久し振りに逢いまして、昔話に花を咲かせました。

同級生であり、仕事も同業でしたので、話しが合いました。
次の同窓会は77歳の時と聞いているが、何人が集まれるか、心配だと言う事で終わりました。

そこで思い出したのが、佐藤愛子女史の『百まで生きて何がメデタイ』と言うエッセイ本でした。

健康で生活する事の難しさを実感する年齢となってしまった。
と思わずにはいられない今日この頃と、いやが上にも思い知らされる会話でした。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 高齢者の自動車運転に思う
  2. 大学箱根駅伝で感動した場面
  3. 正直に生きる難しさ
  4. 台風21号被害へのお見舞いとお悔やみ
  5. 心を孤立させないで
  6. スポーツ指導者の在り方に思う
  7. 家庭教育の一つの示唆
  8. 盂蘭盆会に思う 香(線香)の効力
PAGE TOP