ブログ

植物の忍耐力

蕗の薹(フキノトウ)

まだ、残雪が有り、寒さが続くなか、残雪を取り除くと、そこには「蕗の薹(フキノトウ)が蕾を膨らましていた。
春を待つ準備中と感じたが、この寒さが無ければ蕗の薹は蕾を持つことが出来ないと言う。
耐える力を無言のうちに伝える、植物の生命力に感歎させられる。

春よ早く来いと、静かに成長している姿に、人間の有るべき姿を教えられたような気がします。
環境の中で、授かった命を大切にしながら、我が儘を言わずに、環境も大切にしなければ、と存じます。

暖こがれ 花芽を付ける 蕗の薹

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 『いい言葉が、いい一日をつくる』を読んで
  2. 小学校新一年生に思う
  3. 地水火風空の五大元素に思う
  4. 六根清浄ってなあに!
  5. 加藤恵美子氏の個展を鑑賞して
  6. 秋の草花に思う
  7. 環境に感謝しつつ
  8. 不幸な社会現象に思う
PAGE TOP