ブログ

植物の忍耐力

蕗の薹(フキノトウ)

まだ、残雪が有り、寒さが続くなか、残雪を取り除くと、そこには「蕗の薹(フキノトウ)が蕾を膨らましていた。
春を待つ準備中と感じたが、この寒さが無ければ蕗の薹は蕾を持つことが出来ないと言う。
耐える力を無言のうちに伝える、植物の生命力に感歎させられる。

春よ早く来いと、静かに成長している姿に、人間の有るべき姿を教えられたような気がします。
環境の中で、授かった命を大切にしながら、我が儘を言わずに、環境も大切にしなければ、と存じます。

暖こがれ 花芽を付ける 蕗の薹

関連記事

  1. 秋の草花に思う
  2. 雨宮行政書士事務所の雨宮が入学式に思うこと 桜花爛漫から新緑の季節到来
  3. 自然界との遊び
  4. 熱中症罹患して一年経過
  5. 良縁の有り難みを実感し、感謝
  6. 正直に生きる難しさ
  7. 北海道地震発生に思う
  8. 「樹木希林著作 一切なりゆき」を読んで
PAGE TOP