ブログ

鵜の群れに思う

アユ釣りの天敵が群れているのでは、何とも釣り人にとってはヤルセナイ思いになる心情は形容しがたい思いです。

私も子供の頃に川魚釣りに興じた一人ですので、此れでは多摩川はアユ釣り場としては情けない状況と落胆した次第です。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 初まいりの富士山
  2. 著者 稲盛和夫氏の心を読み終わって
  3. 行政書士の雨宮修介は青梅で硬球・軟球野球の審判もやっております。 春から夏へ
  4. 北海道地震発生に思う
  5. スポーツ指導者の在り方に思う
  6. 12月8日に思う
  7. 矍鑠(かくしゃく)たる人生を歩みたい
  8. 菜っ葉の発芽は幼葉から
PAGE TOP