ブログ

生活の中にオン・オフのスイッチを

コロナウイルス蔓延予防対策でテレワークなる手法を取り入れて、通信機器により仕事を推進する企業が増加しているそうです。
その実態を垣間見ましたら、精神的な負担が家庭内に増加するのではないかと心配しております。
出勤する帰宅すると言う生活リズム、オンは出勤、オフは帰宅と言う生活リズムが無い環境の中で、果たして仕事は進捗するのであろうか。甚だ、疑問に思います。

歴史的に見ても人は、農林業の作業にしても、家内工業的な竹籠作りや桶作りにしても、仕事場とくつろぐ場所は別々なエリアを決めていたのが一般的でした。
こうした事を考えますと、出勤と言う行動が仕事をするぞ!と言うオンに、仕事を終了して帰宅すると言うオフ環境でなければ、家庭内に息が詰まる雰囲気が生じ、感情的になってしまう人間の精神的なケアーを整える環境整備を早急に対策すべきと思う一人です。

テレワークに遭遇している方々、御意見を聞かせて下さい。お待ちしております。

雨宮行政書士事務所
電 話 0428-74-6855
FAX 0428-74-6865

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. コロナウイルスに思う
  2. 12月8日に思う
  3. 頭が良い人ってどういう人
  4. 市長選挙に思う
  5. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
  6. 年金生活に不安が・・・
  7. 小学校新一年生に思う
  8. 大相撲初場所、観戦
PAGE TOP