ブログ

公衆トイレの故障は早い修復を望みます

たまには、観光巡りも良いのではと、近くの観光地に出掛けまして、目的地の観光地に設置してある公衆トイレを使用としましたら、故障中で使用不可能になっておりました。

致し方なく、近くにある飲食店で食事をする事にして、トイレを借用した次第です。

その後、施設設置工事請負業を営んでいる方に話して、同道し点検してもらいましたら『不凍蛇口』を設置すれば良いのではないかと、アドバイスをいただきました。

寒冷地用の『不凍蛇口』で、解決するとの話しに驚きとショックでした。

修復するのに時間がかかるという話しが、いとも簡単な器具の交換で正常になるとは。

やはりプロの判断が大切だと、改めて思い知らされた事柄でした。

プロに依頼すると金銭的な負担が心配だと思いがちですが、その方が気が楽だし、安心だと存じます。

相続やら、権利主張やらの困難と思われる事柄や事件に遭遇したら、専門家と言われる法務関係に携わる行政書士等に相談する事も一つの解決策です。とお勧めします。

上下水道の事は、其のプロに、家のリホーム等もしかりです。御一考を望んで止みません。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 今日は大晦日今年最後の大掃除
  2. 自由と我が儘(ママ)の捉え方は・・・
  3. 小学校新一年生に思う
  4. 警察官の判断は絶対なの
  5. 喜寿を迎えて
  6. 旧知の友との語らい
  7. 自然災害に思う
  8. 令和二年を迎えて
PAGE TOP