ブログ

友逝きて

2月21日、兄弟の様に付き合っていた、友人が逝ってしまいました。
自然の摂理とは言え、何とも、ヤルセナイ心境です。
さんざん世話をやかせた友でしたが、世話をやかなくてよくなったと思いながら、寂しさを感じております。
私より11歳若い年齢でしたので、尚更のことです。
冥福を祈るばかりです。
この友は、十数年前に立ち直れない位の悲しい出来事に遭遇し「自殺したい。」と訴えたことが有りました。
私に助けを求めたのでしょう。
私は数回の訴えに返答のしようがなく、ついに「死ねば、でもね、どの様な死に方を選ぼうとその痛みや苦しみは永遠に続くんだよ。」「生きていればこそ、痛みも苦しみもとれるけどね。」と諭しましたら、自殺を思いとどまりました。
それから十数年生き続けてこられた精神力に、手を合わせるばかりです。

友逝きて 心にすさぶ 隙間風

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 令和三年新年の御挨拶
  2. 病で、健康に
  3. コロナがもたらしたリモート会議
  4. コロナウイルス感染者と接触した場合の対処法
  5. 青梅の行政書士は地元でボランティアで野球の審判をしています。 喜怒哀楽を味わう大切さ
  6. いとも簡単に破壊した年度末の諸行事
  7. 秋を感じる囲炉裏(いろり)
  8. コロナウイルスに思う
PAGE TOP