ブログ

成人式、晴れ着事件

心して本年も生活しなければ、とブログに記載した事が的中した様に、前代未聞の事件が発生した。
それも人為的に惹起した事件である。

被害にあった新成人に掛ける言葉もない。

それを救済しようと努力した八王子市の対応に敬意を表します。行政マンの機転と対応の迅速さによるものと存じます。

こうした事を私も経験した一人です。
20数年前の事です。成人式が挙行される前日から大雪警報発令され、30cm以上の積雪が有り、明日の成人式に多大なる障害がある。と判断し午後に建設会社へ除雪を要請し、翌日の午前3時に家を出て、会場へと向かい除雪車両、除雪作業員を迎えて、午前5時から作業を開始し、式典時間前に終了した。

除雪が一段落すると同時に問い合わせの電話対応である。ひっきりなしに電話のベルはなりっぱなし、親御さんが心配して、開催するのか中止なのかの問い合わせでした。式は厳粛に挙行され、来賓の方々も素晴らしい式典で有った。との声を耳にした時には感無量でした。

数日後に、御礼の手紙が届いた時は、迅速に決断して良かった。と安堵の思いであった。

最後までコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。
ご感想やご意見がございましたら、下記フォームにご記入いただき送信してください。

関連記事

  1. 祖父母と孫の会話(盂蘭盆会にあたって)
  2. 貴方の言霊(コトダマ)観は
  3. 高温気象に思う
  4. 師匠を求める事の大切さ(大相撲に思う)
  5. 財産管理の難しさ
  6. 一生涯の仕事と趣味に生きる
  7. 沙羅の花(別名 夏椿・一夜花)
  8. 青梅の行政書士は地元でボランティアで野球の審判をしています。 喜怒哀楽を味わう大切さ
PAGE TOP